子どもを育てていると色んな悩みがでてきますね。子どもを育てていると色んな悩みがでてきますね。
例えば、子どもの偏食や体の成長が遅いなど・・・・

だんだん子どもの年齢が増えるに連れて、その年令にあった身長がないと大変心配になります。
せめて、人並みくらいはあってほしいと思いますよね。

その人並み、つまり年齢別の平均身長は次のとおりです。

男子 2014年

幼稚園
5歳 110cm
小学校
6歳 116cm7歳 122cm8歳 128cm9歳 133cm10歳 138cm11歳 145cm
中学校
12歳 152cm13歳 159cm14歳 165cm
高等学校
15歳 168cm16歳 169cm17歳 170cm

女子 2014年

幼稚園
5歳 109cm
小学校
6歳 115cm7歳 121cm8歳 127cm9歳 133cm10歳 140cm11歳 146cm
中学校
12歳 151cm13歳 154cm14歳 156cm
高等学校
15歳 157cm16歳 157cm17歳 157cm

以上が5歳から高校3年生までの平均身長です。

自分の子供が、平均身長以上であれば安心しますが、逆に平均身長よりも低めであると心配しますね。

成長期に身長が伸びない原因

成長期に身長が伸びない原因には主に3つあります。
成長ホルモン、生活習慣、幼少期の食生活や病気です。

成長ホルモンの量が少ない

子どもの成長期とは、男子では中学生~高校生、女の子では小学校高学年~中学校までとされえいます。

この成長期には、少ない人でモ平均15cm、多い子で30cmくらいも背が伸びます。

この背が伸びるのに大事なのが成長ホルモンの分泌で、急に背が伸びる子はこの成長ホルモンが多く、逆に少ないといくら食べても身長が伸びません。

生活習慣が不規則

成長ホルモンは、就寝中の間、特に22時から深夜の2時にかけて多く分泌すると知られています。

しかし、深夜遅くまでの勉強などをしていると睡眠不足になり、充分は成長ホルモンが出てきません。

また、寝る前のスマホやテレビは睡眠の質を悪くし、成長ホルモンの分泌に悪影響を与えます。

つまり、「寝る子は育つ」あながち嘘ではないのです。

栄養が不足している

食べても成長ホルモンが出ないと背が伸びないと書きましたが、そもそも食べないともっと成長ホルモンは出てきません。

成長ホルモンは、筋肉で生成されています。

食事で栄養をキチンと取っていないと、筋肉ができなくなり、成長ホルモンの分泌が十分になりません。

ただ、スナック菓子を多く食べることや、偏食、好き嫌いは良くないことになります。

成長期の子どもの身長を伸ばす方法

以上、身長が伸びない原因を3つ、成長ホルモン分泌不良、睡眠不足、栄養不足をあげました。

身長を伸ばす方法は、この3つを改善することです。

まず、できることからしましょう。

質の良い睡眠をする

成長ホルモンは、睡眠中に分泌されるので、質の良い睡眠をとるようにしましょう。

  • 遅くとも深夜2時までにはベッドに入る
  • 睡眠時間は6時間~7時間確保する
  • 朝日を浴びる
  • 寝る前のスマホやテレビは見ない
  • 薄暗い部屋にする

栄養に偏りがない食事をする

身長を伸ばすためには、昔からカルシウム、牛乳などを取ると良いと言われえきましたが、それだけでは不十分です。

背が伸びるために必要な栄養素は、タンパク質です。

成長に重要な成長ホルモンは筋肉で作られますが、その筋肉を作るのがタンパク質です。

タンパク質は、肉、魚、タマゴ、チーズ、大豆製品などに多く含まれています。

また、タンパク質だけでも不十分で、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、適度な炭水化物も良質な筋肉を作ることに役立ちます。

ここで、いちばん大事なのは、偏食をせずにバランスが取れた食事をすることです。

アスミールなどのサプリ、健康食品でもうひと押しする。

質の良い睡眠を取る、バランスの取れた食事をすることは子供の身長を伸ばすための基本中の基本ですが、これらを行った上でもうひと押しとしてアスミールなどのサプリ、健康食品を取ると安心です。



瀬超ホルモンを分泌することをサポートする成分として、亜鉛、アルギニン、プラセンタがあることが研究の結果、分かっています。

亜鉛は、タンパク質の合成を助けます。アルギニンは成長ホルモンを分泌させます。プラセンタは、タンパク質の補給をサポートします。

これらの成長をサポートする成分をバランス良く取ることができるのが「アスミール」です。

アスミール 詳細はこちら