アスミールは身長を伸ばしたい、成長をさせたいと思って子どもに飲ませるサプリ、健康食品です。

アスミールはテレビでも紹介されましたし、通販サイトでも良く売れることで知られています。

こういうことから、子どもに飲ませたいと思うご両親は多いようです。

そう思って飲ませても、副作用があれば台無しですね。

今回はアスミールの副作用についてです。

まず、今のところ、アスミールで副作用が出たという報道や報告はありません。

このようなことがあれば、行政が動いて厳重な注意を受けたり、販売が差し止められてしまいます。

だから、ひとまずは安心ですね。

次に、報道されたり、行政が販売中止したことがないからと言って、完全に副作用がないかと言えばそうではありません。

極端な話、牛乳でお腹が不調になったということはよくある話ですが、これが牛乳の副作用と言えば副作用だからです。

アスミールについて、副作用らしきものが出る原因はあります。

まず、アレルギーの表記を無視して飲んだ場合です。

アスミールは、牛乳に混ぜて飲みますので、牛乳アレルギーの子どもの場合、アスミールに牛乳を混ぜて飲むと、牛乳アレルギーの症状が出ます。

これが、副作用と言えば副作用かもしれません。

ですから、牛乳アレルギーには注意してアスミールを利用しましょう。

次がアスミールを多量に飲んだ場合です。

アスミールは、牛乳に混ぜて、1日にコップ1杯飲むのが使用量として定められています。

これを無視して、1日に何杯ものアスミールを飲むと副作用が出る可能性があります。

アスミールの主成分であるアルギニンは通常の量では副作用はないとされています。

しかし、アスミールの用法量を無視して、1日に何回もアスミールを飲み続けると、副作用に近い症状として「胃痛」や「下痢」を引き起こしかねません。

なんでもそうですが、食品も含めて極端な摂取、食べたりすると体に不調がきたしやすいのは常識です。

アスミールの一日の使用量、コップ1杯を守っていれば、まず副作用は心配ありません。

副作用を心配される方は、アスミールの公式サイトをご覧ください。

アスミール 詳細はこちら