アスミールは、健康食品やサプリのように購入したらそのまま飲むものではありません。

牛乳に混ぜて飲みます。

ある意味、ココアに近いような飲み方になります。

また、夏はアイスで、冬は温かくホットでも飲むことができます。

アイスで飲む場合

  • アスミールをスプーンすり切り2杯、約6gをシェーカーに入れます。
  • 冷たい牛乳を100ml加えます。
  • シェーカーの蓋を閉めて、シェーカーを縦方向にシッカリよく振ってください。
  • シェーカーからそのまま飲むか、コップなどに移してから飲んでください。



アスミールが混ざりにくい、粉っぽいくなる場合

上のシェーカーでアスミールを冷たい状態で作った場合、えてしてアスミールの粉末が混ざりきれなかったり、妙に粉っぽくなったりします。

その場合は次のようにすると改善されます。

  • 振った直後に泡立つ気泡がアスミールが混ざりきれない理由です。
  • 振った後には、シェーカーをテーブルに置いて、気泡が落ち着いてきますので、それからもう一度振ると、アスミールの粉全体が牛乳にうまく溶けます。
  • アスミールが完全に溶けると、シェーカーの内側についていた粉が消え失せ、振った直後にあった泡も消えます。
  • 牛乳がサラサラになると飲むのにちょうど良い状態です。

アスミールをホットで飲む場合

冬場で寒くなると、アスミールをホットで飲みましょう。

  • アスミールをスプーンすり切り2杯、約6g取り出します。
  • 大きめのティーカップに入れます。
  • 温かい牛乳30mlを加えます。
  • よくかき混ぜます。
  • さらに温かい牛乳、70mlを加えてよくかき混ぜます。
  • 出来上がりをお飲みください。

アスミールは、牛乳と混ぜるとココア味みたいになりますので、牛乳嫌いの子どもにも飲みやすいと思います。

アスミールを水で飲むのはダメ

牛乳が苦手なのかアスミールを水で飲む人がいらっしゃいます。

それはダメです。

なぜなら、アスミールを水に混ぜると吸収が早まるので効果的になりません。

【アスミール】